日本産つりしのぶの手入れ方法

忍は東北以南地方の明るい日陰の、岩壁や古木等に着生しています、古典植物です。

寒さには非常に強く、-10度位でも生息しています。

水切れにも強く1~2ヶ月位雨が降らなくても生息しています。

根茎が老化しながら、又新しい根茎が出てきます。その繰り返しで増えて行き、深山では30年以上生息しています。

元々強い植物で、限度はありますが、明るい日陰で雨で濡れる場所に吊られましたら、少々放っていてもそれなりに生育します。

日光には弱く夏期等、毎日、日中長時間直射が当たりますと衰弱したり枯れたりします

又、下記の手入れ方法を参考にして、手入れをしていただければ、より良い葉姿で長年間観賞していただけます。

当園が今までにお買い上げいただいた、30万個分のつりしのぶ手入れ方法です。
他の方が作られたつりしのぶは材料・作り方が違いますので、手入れ方法が違う事があります。

12月

落葉します。

通常は暖地気候、寒冷地気候の方共、屋外で半日陰位になる所に吊ります、12.1.2月は休眠期です 。

乾燥しすぎますと根茎を傷めますので、 荒風の当たらいところに吊っておきます。
雨水の掛かる所に吊っておきましょう。

水掛は、土が乾いてから10日位経ちまして、湿らす程度にし、根茎をある程度太く保ちましょう。 又下記の様な保管方法もあります。 末日頃に、しのぶの土がほんの少し湿っている位を、新聞紙で包み、ビニール袋に入れて、暗所に保管しますのも傷めない方法です。寒冷地気候、マンション上階、風の通り道等で絶えず吹きさらされているつり忍は根茎が傷みますので、良い保存方法です。

水分が多いとカビが発生する事があります。

通常60日位そのままで保管できますが、30日1度観察してカラカラに乾いていましたら、少し湿らせて陰干しし、カビが発生しない様保管します。

1月

12月を参考にして管理しましょう。

通常は寒冷地でも、自然の雨にまかせます。

土が乾いてから10日位経ちまして、湿らす程度に水掛します。

空気が乾燥しますと根茎が細くなりますので、根茎をある程度太く保ちましょう。

2月

12月、1月を参考にして管理しましょう。

3月

寒冷地気候の方で、保管されている方は、末日頃に屋外につります。

暖地気候の方で保管している方は、初日頃に屋外に吊ります。

暖地気候の方は、乾いていましたら、十分に水掛します。

寒冷地気候の方は、湿らす程度に水掛けします。

肥料はハイポネックスのマグアンプ大粒を年1回6粒程(12センチ玉形)上部にバランス良く埋めると1年間賄えます。色々な形大小有りますので12センチ玉形に入れた粒量を基本にして増減します。

足らなければ3~10月ハイポネックス原液を、山野草に掛ける分量1000~1500倍に薄めて、定期的に(15日に1回位)施すのが良いです。

葉色が薄ければ週1回位葉色が良くなるまで施します。

濃い液肥は、しのぶを著しく傷めますので、気を付けて下さい。

4月

暖地では待望の葉の芽が、出てきます。

5月~9月まで、日光を80%位遮った残りの日射し20%位が一日中当たりますのが最適です。

木漏れ日がちらちら当たる樹木の枝下、よしずの内側位が同じ環境です。

明るい室内も良いです。生長に著しく影響しますので上記の環境に近い所につりましょう。

日射しが強ければ、葉は短くなり、弱ければ長くなります。

日射しが強すぎれば、葉焼けして色が薄くなり根茎も傷みます。

芽が葉になっている最中、新葉の時に風の通り道等に吊ってあったり、水圧の強い水掛はしないようにしましょう。

葉が垂れ下がったままの癖が付いたりよれ、しわが出来て、涼感をなくす場合が多くあります。

涼感が感じられますよう、葉をしゃきっと生育させましょう。

6月中期になりましたら強い葉に成長しますので、お好みの場所に吊られると良いですね。

水掛は、土が乾いたらすぐ、葉を傷めないよう、水中にそっと漬け込みます(30秒位)。

又はジョウロでふわっとやさしく土に染み込むよう水掛します。

5月

4月を参考にして管理しましょう。寒冷地気候の方も待望の葉の芽が出てきます。

水掛は、葉を傷めないよう、水中にそっと漬け込みます(30秒位)。

又はジョウロでやさしく土に染み込むように水掛します。

6月

4月を参考にして管理しましょう。

日中の直射が長く当たりますと、葉焼けします(9時~17時)。

6,7,8,9月はアスファルト等の、熱気、蒸れに、葉わ弱いので風通しの良い所に吊りましょう。

樹木、建物、よしず等が影になり、直射が20%位に弱くなった日射しが当たる場所に吊ります。

水掛は、6・7・8・9月は玉の土が8割乾燥しましたら、水中にそっと漬け込みます(30秒位)。

又はジョウロでふわっとやさしく土に染み込むように水掛します。

薬掛け:虫類・ナメクジ・菌類・カビ類・苔類が発生しましたら、虫類・ナメクジ・カビ・コケ類は捕除し、効果のある薬を散布します。

菌類には菌類に合わせスミチオンを散布をします。

7~8月

涼感を楽しめる季節です。

6~9月は根茎の伸びる季節です適切な手入れをして〔肥料も切らさないようにして)増やしましょう

水掛は、6~9月は玉の土が8割乾燥しましたら、水中にそっと漬け込みます(30秒位)。

又はジョウロでふわっとやさしく土に染み込むように水掛します。

9月

ぼちぼち葉が、傷んでくるものもあります。

水掛は、土が9割乾燥しましたら、水中にそっと漬け込みます(30秒位)。

又はジョロでふわっとやさしく十分に水掛します。

10月

半日陰が良いです。黄葉してきます。

水掛は、土が乾燥しましたら湿る程度。

11月

半日陰が良いです。黄葉して晩秋の風情をかもし出します。

水掛は、土が乾燥しましたら湿る程度。

セッコクの手入れ方法

しのぶよりも水切れ、寒さ等、強いので、しのぶと同じ手入れをします。

通常は、滅多に枯れる事はありません。

羽蝶蘭等の手入れ方法

羽蝶蘭、鷺草、ギボシ等は植え込みますと通常は花が2年位咲きますが、しのぶの生育を優先する手入れをしますので、手入れ、環境が合わなくて、球根が腐ったりする事もありますので、ご承知下さい。

鷺草はつりしのぶと同じようにしまして、芽が出て、伸びている最中に水を切らして、葉がしおれましたら枯れますので、玉の土が乾いたらすぐに水掛をして、しおれさせないようにしましょう。

羽蝶蘭は土が乾き気味の方が良いです。

開花後はしのぶと同じ手入れをします。通常でしたら来年も花が咲きます。

ギボシは強いので、つりしのぶと同じ手入れをしますと、普通に生育します。

>>常緑つりしのぶの手入れ方法